HOME
INDEX
RSS

三島江のレンゲ畑

人前に出ても恥ずかしくない肌に戻って
きたら、外に出ようと誘われます。

レンゲの花を見に行きました。

高槻市の郊外には明治期の淀川氾濫で砂の
入った田んぼをよみがえらせようと

「高槻レンゲ振興会」の人が1960年代にレンゲを
植え始めた田んぼがあります。
1804211 (400x194)

1804213 (400x298)

レンゲ畑を見ていると
遠い昔、両親、姉妹と一緒にレンゲ畑で
お弁当を食べて、

レンゲ畑でかくれんぼうをしたり、
白いレンゲを見つけると姉妹で
あらそった日のことが思い出されます。

何だかレンゲ畑で大の字になって、
空をじっと眺めたり、
レンゲの中で本を読んでみたいなぁと。

田んぼの中に入ってもOKですが、
ババアが大の字になっているのも
滑稽な姿。

でも、でも…
やってみたかったなぁ~



長岡京、団子編

長岡京市はタケノコでも有名で
市内のあちこちにタケノコ農家の
直売店が出ています。

去年、買ったところ(光明寺)のタケノコは
安くて、その上、美味しかったので、
今年も行きましたが、

ご主人が亡くなられて閉店になっていました。

せっかく、ここまで来たのだからと
山の方に向かって歩くと…

竹藪のところにおじいさんがタケノコを籠に
入れていました。

友達が「タケノコ売ってもらえますか?」と
尋ねると

「よいですよ。今、掘ってあげます」と言って、
目の前で掘ってくれました!

やったね!
掘るところから見れるなんてラッキー!

この竹藪のタケノコ
1804191 (400x300)

タケノコの掘りたては樹液が出るなんて
はじめて知りました。

そして、掘りたてのタケノコの試食もさせて
もらえました。
生のタケノコは甘かったです。

友達がおじいさんの連絡先を尋ねてくれたので、
来年も掘りたてが買えそうです。

買ったタケノコはこれです。
18041912 (400x300)

ランチです。
1804192 (400x300)

夫が「タケノコの姿寿司」を食べたことがないと
言っていたので…
くそジジイのお土産に。
18041913 (400x294)

イカめしのように、タケノコの中に
酢飯が入っています。
18041914 (400x300)

キリシマツツジも見ごろ。
タケノコも掘りたて。

花と団子。
満足、満足な一日でした。




長岡京、花と団子の花編

1年前から約束していたシティアカデミーで
一緒だった人達と長岡京市に行ってきました。

キリシマツツジ&タケノコ&おしゃべりが目的。

長岡天満宮のキリシマツツジ、今が見ごろ。
樹齢は130年前後と推定され、
その見事さは日本一と。
市の天然記念物に指定されています。
1804197 (400x300)

1804198 (400x300)


八条が池とツツジ
1904194 (400x300)

新緑とツツジ
18041911 (400x252)

私は毎年のようにツツジを見に行って
いますが、本当にきれいです。
この時期、おすすめの場所です。

長岡天満宮です。
菅原道真公自作の木像をお祀りしたのが
創立だそうです。  
1804196 (400x288)


明日は団子編を記事にします。

高槻市立しろあと歴史館

わが街の紹介です。
歴史の街、高槻市には歴史館が二つあります。

今城塚古墳(継体天皇)に建つ
『高槻市立今城塚古代歴史館』と

高槻城三の丸跡に建つ
『高槻市立しろあと歴史館』があります。

今夜、紹介するのはしろあと歴史館です。
1804145 (400x300)

18041410 (400x299)

常設展示として江戸時代の高槻をメインテーマに、
さまざまな資料や模型、映像を通して、
江戸時代の歴史と文化を紹介しています。

今回、特別展は
丹波の山村と仏像・信仰「樫田」です。

「樫田」で守られてきた平安時代からの
仏像も展示されていました。
1804148 (400x300)

大阪と京都の真ん中の市。
立ち寄ってみてください。

今回のしろあと歴史館は阪急電車の
高槻市駅の方が近いです。




学生さんにも色々

市の総合健診の結果。
今年も腎機能の数値が境界線。

隣の市にあるかかりつけ医のところへ
行ききました。

電車に乗ると、私の前に座っていた
若い男性が席を譲ってくれました。

「すぐ降りますから」とお断りをしましたが、
その男性も「僕もすぐ降りますので…」と。

ご厚意に甘えました。

同じ駅で降りて立命館大の方向に
行かれたから、きっと、立命の学生さんかも。

今までも立命の学生さんらしき人には
何度か席を譲ってもらっています。

それに引き換え…

皮膚科へ行くときにバスを利用するのですが、
このバス路線に〇〇薬科大学があります。

バスには多くの薬科大の学生さんが
乗っています。

途中には日赤病院もあって、
酸素チューブを鼻につけた老人も乗って
きますが、席を譲る学生はゼロ。

なんでやろ?
将来は医療関係に就職する人も多い
薬科大の学生さんが見て見ぬふり。

学生さんが席を譲っている光景も、
自身も譲ってもらったことはありません。

たまたま乗り合わせた学生さんが
そうだからと言って
決めつけられないけど…

杖をついた人や酸素をつけた人にも席を
譲らない薬科大の学生さん。
ちょっと理解に苦しみます。

皮膚科に通いはじめてから
いつかは記事にしたいと思っていたので
スッキリしました!


プロフィール

ヨガばあちゃん

Author:ヨガばあちゃん
61歳でインストラクターになったヨガ大好きばあちゃんです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスカウンター(2014/5/15~)
QRコード
QR