HOME
INDEX
RSS

検査結果で一喜一憂、疲れたわ!

先月受けた血液検査の結果を
やっと聞きに行くことができました。

腎臓は若い時からあまり丈夫じゃなく、
検査の数値も境界線なので半年に1回は
血液検査を受けています。

今回はクレアチニンの数値が少し高く
なっていました。

かかりつけ医は
「大学病院で詳しく調べてから3年経って
いるので、紹介状を書きましょうか?」と
言いますが、

「次回の血液検査でも数値が高かったら
大学病院へ行きます」と答えました。

帰り際に「乳がんの方はどうですか?」
と尋ねられました。

乳がん検査日の前々日に肋骨にひびが
入って、キャンセルしたまま。

電話で再予約をするのが遅れ遅れ、

自暴自棄になっていないけど…
乳がんとのお付き合いも長くなると…
検査結果で一喜一憂する自分に
なんだか疲れてきて…

検査もほどほど
長生きもほどほど

この歳になると
何でもほどほどで十分かも…と。

罰当たりかもしれないけど…

台風と仲良し一家ですが、
昨日は家に帰るまで雨が降りませんでした。
納骨の時は太陽もお顔をみせてくれました。

電車も正常運転。
亡き人は心優しい方だったので
台風さんも協力してくれたのでしょうね。

今日は敬老の日。

50代のころまでは、老いていくことを
当たり前の現象ととらえていましたが、

最近、老いることの不安や恐怖感や
嫌悪感を持つようになってきました。

自分もいつかはこんな風に老い、
他人様の力を借りて生きていくのかしらと。

イヤやなぁ~
あまり醜態をさらさないうちにお迎えの
母が来て欲しいなぁ~と。

スーパーでは敬老の日の紅白饅頭や
お祝いの寿司セットが売られていました。

罰当たりかもしれないけど…

長寿って、ホンマにめでたいの?

今のままの自分で90歳、100歳を
迎えられたのなら、めでたいかも
しれないけど…

数年前の自分と今の自分を比較しても、
体力、気力、思考力の衰えは否めません。

マイナス思考かもしれないけど…
そろそろ幕引きをしたいなぁ~

と言っても
これだけは自分の意のままになりません。

あの世とのインターフォンがあれば、
母にドアを開けてもらえるのになぁ~

と言いつつ…
今、ミサイルが飛んで来たら…

夫を蹴っ飛ばして、
いの一番に逃げているかも…

そして、「ああ~助かった!」と???


台風とご縁がありそうです。

明日は親戚の納骨日。
台風が近畿地方に接近するようです。

数日前に大雨で電車が止まって、
途方に暮れたばかりなので心配しています。

叔父から「台風のため、1時間早くはじめようと
思うので早めに来てください」と連絡が
ありました。

大事な行事の日のお天気は本当に
気がかりですね。
会場の予約や食事の予約。

明日は電車が動く限り出席させていただく
つもりですが…

我が家はどうも台風と縁があるようです。

姑のお葬式の日も台風でした。
喪主として申し訳なく思いました。

長男も留学する日が台風で関空の橋を
渡れず戻ってきました。
翌日出発となりました。

次男の結婚式も台風。
ハワイでの挙式。

関空で台風通過を待ちましたが、
結局、出発したのが翌日便。

一日余裕をもって予定を立てていたので、
何とかセーフ。

この調子だと私の葬式も台風かも
しれないなぁ~

あの世の門が開いて母が迎えに来ても、

虫の息になりながら、じっと台風通過を
待ってから逝かなければ…

欲しかったもの

子供を出産した年に母が東北旅行の土産に
買ってくれた鉄なべがあります。

鉄分不足にならないようにという
親心だったと思いますが、

十数年前から黒豆を炊くときだけの出番に
なってしまいました。

そして、最近ではちょっと油断するとサビが
でて、手入れが面倒になって、
ステンレス鍋で黒豆を炊いています。

そう言えば、
日本食品標準成分表の改訂版でも
製造に使う釜の多くが鉄製からステンレス製に
代わったことで、
ヒジキに含まれる鉄分が9分の1に減ったという。

鉄なべに替わる「鉄の塊」
ネットショップでさがしましたが、手ごろな値段の
物が見つからなく、そのままになっていました。

それが家の近くのスーパーの金物市で
見つけました!!

ネットでは2000円以上だったのが、
同じメーカーの同じものが600円ほど。

買いました!
1709151 (400x300)

箱から出すと…
1709152 (400x300)

欲しかったものが安く手に入って、
今日はルンルン!

敬老の日プレゼント

一昨日、孫の敬老参観に行った日に
二人の孫から敬老の日プレゼントを
いただきました。

1709141 (400x300)

きれいにラッピングしていましたが、
その場で開けてしまったので…

「おじいちゃんとお揃いのがなかったので
おばあちゃん、好きな方を使ってね」と。

嬉しいプレゼントでした。

よく考えると私は祖父母にプレゼントをした
ことはありません。

母方の祖母は母が小学校3年生で他界。
祖父も私が生まれる前に他界。

なので、母方に祖父母はいませんでした。

父方の祖父も私が生まれる前に他界。
要するに、私の両祖父母は父方の祖母
一人でした。

そのたった一人の祖母が…

近所の人に「嫁の産んだ孫より実の娘が
産んだ孫はかわいい」と言っていました。

子供ながらに祖母との溝を感じていました。

私が6年生の時、祖母が叔母と暮らすように
なって別居していました。

大学生の時、寝込みがちになって再び我が家に
戻ってきました。

母は長男の嫁だからと一生懸命、祖母の介護を
していました。

祖母は最期までオムツを嫌がり、尿瓶で
おしっこをしていました。

尿瓶やオマルをお尻の下においてあげるのが
夏休みに帰省した私の役目でした。

下の世話をしてあげて、
「おばあちゃんと孫」になった気がしました。

たった一人のおばあちゃんだったのに…
プレゼントしてあげなかったなぁ~




プロフィール

ヨガばあちゃん

Author:ヨガばあちゃん
61歳でインストラクターになったヨガ大好きばあちゃんです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスカウンター(2014/5/15~)
QRコード
QR